ロジャのおすそわけ

商品名 : ロジャのおすそわけ

原産地 : 大分県

価格 : 1,100円(税込)

数量 :


最初にお断りをしておきます。

このハーブミックスは、10歳になった「うちの子」ロジャのために作った処方です。

2019年4月、朝起きると右目に真っ赤な膜のようなものが右目の内側から飛び出していました。

すぐに病院に連れて行くと、痛みがある時に出る第三筋膜とのこと。
角膜の傷と「ぶどう膜炎」を発症しているとのことで手術を強く勧められました。

が、術後も完治することはなく、再度の手術が必要となる可能性が高いと診断されたことから

10歳と言う年齢もありますし(しかもシェルターからのことなので定かではない)

一度、飼い主から捨てられた子は、精神的に傷ついてトラウマになっています。

数日とはいえ、飼い主から離れる入院の精神的な負担は計り知れません。

この後、失明する可能性も否めません。

でも、痛みさえないのなら…

目が見えなくなっても、痛くないなら良し。と決めました。

10歳と言う年齢も念頭に、ホメオパシーとハーブ療法で治療することにしました。

ホメオパスの友人にレメディを処方してもらい、 一進一退をくりかえし1ヶ月ほど経った頃

「クリーニングの溶剤が原因かも?!」

ということがキネシオロジー(しかも遠隔)で判明。


我が家はほとんどクリーニングを利用していないため、冬物のダウン系をロジャから隔離!

しばらく様子をみることに。

ほどなく、ほぼ完治か?!

という時に、また悪化???

真っ赤な雲のようなものが右目を覆いはじめました。

はっきり言いますと、ものすごいパニックにおちいりました。

しかし、動物病院の見解は

「治そうとする時に血液のかたまりができることがあります。」とのこと!

そうか!

ロジャがロジャ自身で治そうとし始めた!


それなら、あとはロジャ自体を強くしてあげれば良いんだ!

本来、私のテリトリーであるハーブ療法を食事に組み込むことにしました。

もちろん、使う食材は中医薬膳にのっとったものを用いて。

炎症をともなっている(目が赤くなる、など)症状のロジャに

主につかった食材はオートミール(エンバク:免疫力を強化します)

+肉や魚のタンパク質

そして3種類のハーブです。

……

驚くことに、食べ始めて2〜3日でロジャの様相が変わりました。

ロジャの場合、夜は調子が戻るのですが朝は泣きたくなるほどに最悪…

盲目かと思えるほどにギュっと凹み、涙は溢れ

たまに目をあけたとしても真っ赤に充血した第三筋膜が眼球全体を覆っています。。。

(一度、画像を添付したのですが、あまりに悲惨なので自粛しました。)

それが

ハーブをたっぷり加えたゴハンを食べただけで

目が開いている!!!痛くないんだ!!!

うれしくて泣きました。

本当に泣きました。

うれしくて。

ありがたくて。


かと言って、同じ症状の子達すべてに効果が出るかはわかりません。
が、この結果の他にわかったことがあります。

それは

「道草を食わなくなったこと」

「毛艶がよくなったこと」

これが意味することは、体内のミネラルバランスが良くなったと言うことです。

311以来、いつなんどきどんなことが起こるかわからないと思い

手作りごはんはとっておきの時だけにして、ふだんはなるべくドライフードをと

思っていたのですが、そこそこ良いフードを選んでいても栄養は不足していると言う事実です。

●スギナは天然のケイ素を恐ろしく豊富に含み、細胞から健康にする力があります。

いつどんな時に飲んでも良い、万能ハーブです。

皮膚、被毛、歯骨…文字通り、細胞から立て直してくれます。

●ネットル(イラクサ)は豊富なクロロフィルにより造血作用や止血作用があります。

鉄分やビタミンも豊富なため野菜位不足を補うことができます。

●ラズベリーリーフは子宮の収縮をうながすため、妊娠中は禁忌のハーブです。

逆に出産前後やPMS、更年期には使いたいハーブ。

そして結膜炎など目の炎症に効くハーブでもあります。

高齢期にのミネラル不足に是非取り入れたい!

このハーブミックスにはオーガニックオートミールを加えてありますが

ほぼ「とろみ」をつけるための量です。適宜、副菜を加えてあげてください。

(小麦アレルギーがある場合、メッセージにお書き添えください。

オートミールなしの処方でお送りいたします。)

50g 1000円(税別)

おおよその使用量 体重10kgにつき 大さじ1杯

(体重10kgの子で約25食分)

1個につき100円をアニマルシェルターへの寄付へとさせていただきます。

みなさまのご協力をいただければ幸いです。

ページトップへ