batei

HORSE SHOE

 

古来から昔から魔除け、幸運のお守りとされてきた「馬蹄(ばてい)*

 

ヨーロッパでは玄関のドアにかけてあったり、ドアノッカーとして使われている家を見かけます。

 

馬の蹄鉄の下は、悪魔や邪悪なエネルギーが通ることができないため、

「悪いものが家に入らず幸運だけが入ってくる」と信じられてきたからです。

その他、「金運」「愛情の復活」「交通安全」「集客」などの効果もあるとか…!

 

日本では車につけている方もいらっしゃいますが

それは馬は「どんなに疾走していても人を絶対に踏まない」ことから

「車の前につけておくと事故を起こさない」と交通安全のお守りにもなっているのですね。

 

イタリアでは「蹄鉄」「ロザリオ」「コルノ(角)」の3つが幸運のお守りです。

 

馬蹄をお守りにする場合は、立って目の位置か、それより少し上にかけましょう。

一般的にはU字型に飾るのが良いと言われています。

 

batei2

この馬蹄は過去にサラブレッド競走馬たちが実際に使っていた「本物」を磨いたものです。

そのため、丸っこいものや、細長いもの、左右対称ではないものなど…

ひとつとして同じ形のものはありません。

2014年は午年です。幸運のお守りパワーが倍増するかもしれませんよ♪

1800円(税込価格1890円)


 

*注:蹄鉄とは、馬の蹄(ひづめ)を保護する装具のことです。約2500年前にヨーロッパで発明されて以来、その基本的構造や形は現在に至るまで、ほとんど変わっていません。

 

TALISMAN

HOME